プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


アイシャドーの暖色系と寒色系で勝負目

アイメイクでデカ目と目元エステで恋が始まる。アイシャドーの基本は、「濃い色」と「淡い色」を適切に上手く使い分けることです。すると、目元に立体感が生まれて、顔の印象がぐっと変化するのです。非常におすすめするのは、「淡い色」に肌になじみやすいオレンジがかったベージュ、「濃い色」に赤みの少ないブラウンを使う2色使いである。肌色に自然にとけ込みます。

まずは「淡い色」からまぶたに乗せていきます。付属のチップでも良いかと思いますが、より繊細な仕上がりになるアイメイクを望む女性でしたらブラシがおすすめです。ブラシにとって目尻に色を置き、アイホール全体に色を広げましょう。次に「濃い色」をチップなどにとり、目尻から目頭の方へ少しづつに細くなるように塗っていきます。2つの色の境界線はきちんとなじむように仕上げます。

アイシャドーと目元とのバランスは、目を開けた時にぼかした部分が2〜3ミリ見えるようにすれば、より奥行きのある引き締まった感じに仕上がります。ここで応用編。
淡い色と濃い色に中間色を加えてグラデーションをつくると、しっとりと大人っぽい目元になります。やり方は・・・・・・
1)濃い色を目の際→目尻に、少し高めの位置までぼかす。
2)中間色を濃い色との境目に重ねるようにぼかす。

下まぶたは目尻より3分の1あたりに中間色を。淡い色は眉下と下まぶたのきわにつけ仕上げましょう。一色使いは、イメージや気分に合わせて色で目を演出します。
暖色系はかわいらしい目元、寒色系はさわやかな印象になります。目の際からアイホールまで放射線状にぼかし、下まぶたの目尻より3分の1あたりにもほんのりアイシャドーをのせます。